2010/05/03

千樹

ゴールデンウィーク。
帰省先の実家で、朝起きたら母がお弁当を作っていました。
父と母と私の3人分。
「今日は岡田まで歩くよ」とニコニコ顔の母。
昨日まで何も言ってなかったのに、突然決めたらしい。
そして私も勝手に同行することに決まっていました。
岡田ってゆーのは地元の地名で、隣の学区です。

中学校へ続く田舎道↓↓の横に広がる田んぼの中を突っ切ります。 さっさか進む父と母↓↓  丘を越えます。
ひたすら田畑のわき道を行きます↓↓
たぶん、何十年と変わっていないであろう畑の姿↓↓
丘の頂上まで来ました。
古い石碑のようなものが建っており、彫ってある文字を読むとかろうじて、「右へ行くと岡田、左へ行くと佐布里」と読めます↓↓
昔の人はここを行き来していたんだろうなぁと思うと、感慨深いものがありました。
そして、約1時間弱で岡田の旧市街へ到着↓↓
ちなみにこれ、白黒写真じゃありません・・・。
お隣の古い郵便局↓↓
その名も「岡田通り」↓↓
通行人ゼロ。 昔は繁華街だったんだろなぁ。
岡田の丘を上りきると、頂上にある「神明社」に到着↓↓
ここで、母お手製のお弁当タイム♪
がしかし!!お箸を持ってくるのを忘れ、おかずも手づかみ・・・。
誰もいなくてひっそりしておりました。

神明社のそばで見つけたのれん↓↓
覗くと、なんとここ、カフェでした!!
「いろり屋 千樹」という名前で、この丘が千樹山という名であることから取ったそうです。
古くは旅館だった建物を利用しているそうです。

アイスもなか、いただきました↓↓
父が頼んだこだわりコーヒーも美味しそうでした。
「千樹」の中↓↓ とっても和テイストで、空間がアートそのものでした。
奥には囲炉裏がありました。
私たち以外、お客さんはいなくて、音楽もなくて静かな雰囲気がなんとも落ち着くのでした。
こんなステキな隠れ家が、こんな所にあったとは。
有名にならないでほしいなぁ。。

もう既に咲いている紫陽花を帰りに発見↓↓ 淡い色でステキ。
地元を足で散策すると、意外な発見があるのかもしれません。
今度はどこに行こうかな。

2 comments:

カミナンド記  said...

この写真は半田市?
のどかでいいですね~
私の生誕の地(!)を見に行った時は
結構街中にあって人家が建て込んでました。
また、行ってみたいなぁ・・・

Aita said...

これは知多市の「岡田」という地域です。
まったく観光化されておらず、「竹新あられ」というお店だけに客足がある町です(試食し放題なので)。
ふつうに地域の人たちが住んでいますよ~。